Family photographer
Masahiro Terakawa

カメラマン 寺川昌宏

大阪の関西エリアを拠点に家族写真・お宮参り・七五三・結婚式などご家族の暮らしを彩る節目の写真撮影を行なっています。現在は個人の新郎新婦さまを対象とした結婚式・前撮りの写真撮影をベースに行いながら、その後の家族写真、カメラマンとご家族で描く家族のはじまりから、その後をテーマに日本全国各地で撮影を行なっています。


僕が家族写真を撮る理由

Why do I take the family picture?

家族写真をはじめた経緯

家族写真の撮影をはじめたのは、2016年に自身のプロカメラマンデビュー5周年を記念して日本全国出張費無料撮影ツアーを行なったことがはじまり。

SNSなどで撮影ツアーの告知の度ににSOLD OUTの人気企画として、2017年、2018年と夏の期間だけ、北は北海道から南は沖縄まで日本全国30都道府県、100組以上の家族写真の撮影を行いながら、日本を巡礼しました。

『日本全国でこれだけ家族で写真を残したい人がいる』

毎年、撮影ツアーを行う旅の最中に感じさせられ、また家族を大切に想っている人たちが多い人々の暮らしを取り巻く様々な現実、またその理由も知ることとなりました。

そんな中、自身の活動ベースでは夫婦、家族のはじまりを象徴するウェディング(結婚式)を行ないながら、現在は結婚〜その後の家族写真までアフターフォローをできる体制として家族写真のカメラマンとして活動しています。


カメラマン活動実績

Shooting results

写真をはじめたきっかけ

2013年からプロカメラマンとして活動開始。元々写真をはじめたきっかけは20代前半に北米・中米・アジア・欧州など世界20ヶ国以上を単身でカメラ片手に巡りながら、現地で独学で人物撮影をはじめたことでした。諸外国の地元の方々とストリートで即興撮影を行い、写真遊びを繰り返しました。特に途上国の農村部に住むカメラや写真を見たことがない子供たちに撮影を喜んでいただけたのは今も貴重な体験で、人物撮影をはじめた時点でグローバルな環境だったことは、現在の自身の撮影スタイルのルーツのひとつになっています。

 

家族写真カメラマンとして

世界20カ国での人物撮影を終えた2011年、日本に帰国してすぐに東日本大震災の被災地、気仙沼へボランティア参加のため、大阪から1人で向かいました。被災地から自衛隊の方々が回収した津波の塩水に浸かった結婚式や家族写真を1枚ずつ真水で洗浄を行い乾燥して修復し、被災者の方々にお渡しするといったボランティア作業を行う中、家族や結婚式の写真に含まれる人の気持ちや想いを知り、ボランティアで出会ったプロカメラマンさんからのアドバイスのもと、大阪でウェディングカメラマンとして活動することを決意しました。

 

結婚と家族を撮るカメラマンに

2013年7月に、ひとつひとつのご家族としっかり向き合った、個人の新郎新婦さまを個別に撮影対応する結婚式のカメラマンとしてデビュー。1年目にして60組以上の新郎新婦から撮影のご依頼をいただき、隔週での沖縄ロケーションフォトや活動は関西を止まらず現在も日本全国各地で活動中。

 
家族写真のカメラマン 寺川昌宏

About your family photographer

カメラマン活動年数

As professional


0
years
Instagram

Thanks!!


0
followers
これまでの出張先

Travel


0
Prefectures
撮影組数

Family


0
family shoot


使用撮影機材

Equiqment


日常の主な活動

Daily activities


Photo shoot(撮影)
90%
Edit(編集)
80%
Busines Travel(全国出張)
70%
Album(アルバム制作)
65%